コーヒーミルの選び方やポイントは?初心者向から本格派までおすすめの人気10選を紹介!

皆さんはお家でコーヒーをよく飲みますか?

僕はよく飲むのですが、コーヒーをドリップして丁寧に入れると、味も香りもひと味違うんですよね。

焙煎されたコーヒー豆を挽き、ドリップ用の粉にするための器具がコーヒーミルです。

でもコーヒーミルと言っても、安価なものから高価なも、そして電動や手動のものなど種類は本当にいろいろあるのです。

ということで、今回はコーヒーミルの選び方やポイントは?初心者向から本格派までおすすめの人気10選を紹介します!

粒が均一に挽けるか

コーヒーをおいしく淹れるためにはどんなことが大事か知っていますか?

いくつかあるのですが、まずは挽いたコーヒー粒が均一の大きさになっているかです。

コーヒー豆が均一に挽だと、ムラなく安定した味になります。

粉が均一であるほど、雑味も少なくクリアな後味で、味わい深いコーヒーを楽しめます。

挽いた粉の均一性を求めるなら、電動のコーヒーミルがおすすめですよ。

手動か電動か

先ほど粉を均一に挽くなら、電動がおすすめと言いましたが、コーヒーミルには、手動式電動式の2種類があ流のは知ってますか?

手動のおすすめポイントは、電源がいらないので、アウトドアなどでも使えるというところかな。

でもやっぱり手動の一番の魅力は、あのゆったりとした時間を楽めるところだと思います。

手動のデメリットとしては、速度や力加減の違いにより、挽いた粉の大きさにバラつきが出やすいということです。

後一度に豆を挽ける量が少ないということろ。

電動の魅力は豆を均一で挽くことができ、一度に多くの豆が引けるとろです。

電動のデメリットとしては掃除がしにくいというのがあるかな。

手入れのしやすさ

毎日コーヒーを飲むという方なら、特に手入れがしやすいかどうかも選ぶ際のポイントのひとつになります。

どうしても挽いた粉ってミルの中に残ってまいますよね‥‥

ミルの中に残っていると、前回の粉がミルの中でブレンドされ、雑味の原因にもなります。

大きい電動のミルは手入れが結構面倒な場合もあります。

その場合は、パーツを分解して洗えるもの選ぶといいですよ。

手動ミルは手入れがラクなのがいいところです。

構造で選ぶ

次は構造についてです。

コーヒーミルには、プロペラ式やコニカルカッター、フラットカッターなどがあり、それぞれ豆の挽きにも違いがでます。

それぞれ説明していきますね。

プロペラ式

まず初めはプロペラ式です。

これは、プロペラのようなカッターの刃が、高速回転し豆を砕くタイプ。

手入れがらくで、安いといいのがいところ。

ですが、粒にバラつきが出やすく、粒度にバラつきが出やすいのがデメリットかな‥‥

コニカル式

次はコニカル式です。

円すい形の刃が高速回転しコーヒー豆を砕きます。

手動のミルはほとんどこのタイプです。

粒の大きさを変えられるうえ、摩擦熱が少ないので、豆本来の香りを楽しめるのがいいところです。

ただ、電動になると大きくなって、値段も少し高くなってしまいます。

フラットカッター

フラットカッタータイプにはカッティング式と臼式の2種類があります。

いくつもの刃が付いた円盤を2枚向かい合わせ、刃と刃の間で豆を砕くというものです。

構造はどちらも似ていますが、刃の形状が違います。

カッティング式は、豆を刃で切り刻むような感じ。

臼式は豆をすりつぶす感じです。

粒の均一性に微粉量の少なさはプロペラ式よりも良いです。

ミル歯の凹凸が多いので、ほかと比べると少し手間がかかるかもしれません。

おすすめの人気コーヒーミル10選!

V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト

極細挽きから、粗挽きまで、お好みに合わせて幅広く調整できるコニカル刃式電動コーヒーミルです。

デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダー KG366J

低速回転なのでコーヒーのアロマを損ないません。

粒度の均一性も高いデロンギのコーン式(円錐型)コーヒーグラインダー。

KYG 電動コーヒーミル 電動ミル コーヒーミル

強力モーターと強靱な刃で、スムーズ&均一なカッティングが実現!

粗挽きや細挽きなど、お好みの時間調整が簡単に出来ます。

カリタ CM-50 電動コーヒーミル ブラック

50gの豆を15秒で中挽きに。使いやすいニューモデル。

OXO オクソー タイマー式コーヒーグラインダー 

エスプレッソに最適な細挽きから、フレンチプレス向きの粗挽きまで43段階から選択可能です。

最大30秒まで、時間で挽き量を調節できるのが魅力。

HARIOセラミックコーヒーミル

セラミック製の刃を使った手動式のコーヒーミルです。

ガラス容器なので、挽いている状態が目で見え、豆を挽くのに慣れていない人でも使いやすいのがいいですね。

COMANDANTE C40

COMANDANTE(コマンダンテ)には耐久性と切れ味に優れた刃「ニトロブレード」という素材が採用されているのです。

簡単に均一な粒度で豆を挽くことができるのが魅力!

カリタ 手挽きコーヒーミル 「ミニミル」

女性にも扱いやすいミニサイズの手挽きコーヒーミル。

硬質鋳鉄製臼歯を使用し、好みの挽き目に調整ができるのが特徴です。

ポーレックス(Porlex) コーヒーミル2

セラミック製の刃を使用、セラミックは耐久性が高く、摩耗しにくく、錆びないので、安心して長く使えます。

場所をとらないスリムなデザインなので、キャンプなどのアウトドアにもぴったり!

スノーピーク(snow peak) フィールドバリスタ ミル CS-116

ハンドルと蓋が一体型で管理がしやすくコンパクト。

キャンプやバーベキュー にもおすすめのミルです。

まとめ

いかがでしたか!

今回はコーヒーミルの選び方やポイントは?初心者向から本格派までおすすめの人気10選を紹介しました!

自宅で挽きたてのコーヒーを楽しむのに、コーヒーミルは欠かせないですよね。

本当にコーヒーミルは種類は豊富です。

あなたも、ぜひ自分に合うコーヒーミルを選んで、家飲みコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

豆の挽き方で、コーヒーの味が変わってしまうことに驚くと思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【こちらの記事も人気です】

木製カッティングボードを選ぶ際のポイント

断捨離の意味とは?心豊かに生きるためには断って、捨て、離れることが大事