意識を自分の内側に向けるツールがあると安心できるよというお話。

毎日、家族、仕事、学校といった自分を取り巻く環境にかなり影響を受けて生活してしまいますよね。

気がつけば、自分のリズムではない状態の日々。

無意識的にが呼吸が浅かったり、止まっていたり、何をしているのか意識もしないで必死に動きまくっていたり、上の空になってしまっていたり・・・

 

そんな状態って、一体誰の人生なの?って立ち止まってみるとよぎってくるものです。

 

「忙殺」って言葉がありますが、仕事などに追われ、とっても忙しいことを意味します。

「忙しい」っていう漢字だけでも、「心を亡くす」と書くのに、さらに「殺」という漢字まで入っている言葉・・・

この場合、「殺」は「忙」という漢字を強めるために使われているようなのですが、使われている漢字を見ただけでも「心を亡くした」状態が酷すぎますよね。

悲しくなって涙が出て来そう。

他人や、やらなきゃいけないことなど「自分の外側に振り回されている状態」って、「心をなくした状態」っていうことは・・・「自分がないということ」。

そんな状態で生きているのって、辛いし、悲しい。

 

だったら、とにかく、自分の心を取り戻さなきゃ!

 

自分の心を取り戻していくためには、自分のリズムで動き出せばいい。

だって、忙しい状態って、自分のリズムじゃない状態ってことのはずだから。

 

すべてが自分のリズムで動いていたら、それは「忙しい=心を亡くした」状態ではなく、「楽(らく)」、つまり「心が休まっている」状態になると思いませんか?

 

日々「忙殺」された状態でいると、自分のリズムすらわからなくなっているかも知れない。

だから、まず外側に向けていた意識を自分の内側に向けるといい。

 

一人になる時間を作ったり、SNSを見ない時間を作ったり。

そして、話す相手は、自分自身。

自分に話しかけてみる。

 

どんなリズムが心地いいのか、耳を澄ませばちゃんと聴こえてくる。

でも、毎日のいろんなことに振り回されてしまっているとき、意識を自分の内側に向けるのってなかなか難しいもの。

そんな時、ふと視線の先に、手元に、意識を変えるきっかけになってくれるツールがあると心強い。

 

「The answer is inside you.」
(答えは、あなたの中にある)

あなたのそばに。

 

クラシノイロのお店