絵のある暮らし。象の息遣いを感じる時間。

 

象は、そこに居るだけ。

だけど、象を見ると、

象の優しさ、象の英知、象の悲しみ、

象のゆったりとした息遣いを感じる。

 

象はそこに居るだけ。

存在に意味を持たせたり、

過去、未来を勝手に感じるのは人間。

 

どうして人は、サバンナにいた象やライオンをわざわざ動物園に連れてくるんだろう?

どうして人は、象やライオンを見に行くんだろう?

 

珍しいから?

子どもに見せたいから?

 

それだけでサバンナからわざわざ連れてくる?

 

心の奥底で願っていること。

それは、象やライオンが今に生きている瞬間のエネルギーを感じたいから。

 

 

象はそこに居るだけ。

青い目をした象が見つめている。

私の呼吸が、深く深くなっていく。

 

*「 絵のある暮らし “」を提案中*

クラシノイロのお店

Elephant 』原画

Elephant』ジークレープリント(複製画)