インテリアにアートポスターをプラス!北欧的おしゃれで豊かな暮らしのススメ

日々暮らしていると、どうしても生活感が漂った味気ない部屋になってしまいがち。

でも、インテリアにアートポスターをプラスするだけで、いつもの何気ないお部屋をおしゃれで豊かな空間に変えることができるんです。

北欧の人たちの暮らしにヒントを得て、心が豊かになる暮らしの楽しみ方をご紹介していきますね。

北欧文化に学ぶ豊かな暮らしとは?

北欧と聞いて思い浮かぶモノは、人によって色々あると思いますが、最近では北欧の雑貨、インテリアや家具が人気ですよね。

身近な存在ではIKEA、イルムス、マリメッコ、LEG0等があります。

北欧家具や雑貨は、どの製品もシンプルだけど、洗練されたおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

北欧家具や雑貨がお部屋に1つあるだけで、いつもの部屋の表情が変わり、洗練されたおしゃれな空間に早変わりすると感じる人も多いと思います。

なぜ、北欧デザインには、空間を変化させるそんな力があるのか・・・

不思議ですよね。

その答えは、北欧の地理的環境にあると考えられます。

地図上で日本の北海道の位置を横に赤い点線で引いていますが、北欧諸国は北海道より遙かに北に位置します。

というわけで、北欧の冬はとにかく長くて、厳しいのがわかります。

(北欧というとスウェーデン、ノルウェー、デンマークの三国を指すことが多いです。

ですが、北欧デザインというとフィンランド、アイスランドを加えた五国を指すことが多いようです。)

長くて、暗い日が続く冬がやってくる北欧だからこそ、おウチの中は明るく、きれいにして気持ちを明るくしていたいと思うのが人情のはず。

暗くなりがちな家の中に光を呼び込んでくれる機能を果たすガラス製品や照明が、北欧生まれのものが有名ですし、欠かせない存在になっているのもうなずけますよね。

北欧という厳しい環境が、日用品を美しく、おしゃれにすることで楽しみながら暮らす知恵を生み出したと言えます。

そして、ガラス製品や照明だけではなく、絵(アート)を暮らしの中に取り込むことで、暮らしに彩りを添えて楽しむことが可能になるんです。

そんな暮らしに彩りを添えてくれる絵のある暮らしの様子を次にお伝えしていきますね。

アートポスターのある暮らしの風景

まずは、我が家でアートポスターを飾っている様子をご紹介します。

こちらの作品は、『Forest』です

(注:こちらの画像のポスターはジークレープリントではありません。ショップで販売している作品はジークレープリントになります。サイズも異なります)。

我が家は砂壁が多いので、壁に飾るよりもテーブルの上にイーゼルを置き、その上にポスターを置くというスタイルを採用しています。

小さなイーゼルにアートポスターを置くだけなので、その日の気分ですぐにポスターを変えられるという点も気に入っています。

こちらは『Lion』の原画作品になります。

違うアートポスターにしてみると、お部屋の雰囲気がずいぶん変わりますよね。

毎日仕事や学校に慌ただしく出かけ、夜はSNSやテレビなどを見て過ごすというライフスタイルを送っていると、脳が休まらない感じが以前の私はしていました。

 

でも、朝窓辺で朝食をとりながら、ふと視線の先に絵があると、

鳥がさえずる大きな木のある森の中や、じっと見つめるライオンがいる草原に想いがふっと飛んでいく瞬間があります。

バタバタした時間が、スローになり、ゆったりと自分時間で流れ出す。

その瞬間を感じるのって、自分の世界を取り戻したようでとっても心地いいです。

 

夜は、シャンソンを流して絵を眺めながらご飯を食べていると、

まるでフランスのレストランで食事をしているかのような非日常空間へ心が飛んでいくことができます(個人差あり、笑)。

 

どんなイマジネーションが浮かんで、どんな場所へ飛んでいくかは、あなた次第。

どこまでもいっても、とことん自由です。

 

頭の中が「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」で溢れている状態って、気分が悪いものです。

ですが、頭の中だけは、自由に、好きなように、好きなコトやモノをイメージしていると、とにかく気分がいいという実感があります。

そういった頭の中のイマジネーションの働きに絵が誘ってくるんです。

 

もし、絵がない空間だったら・・・

ということで、アートポスターなしの空間の比較画像がこちら↓です。

改めて、絵のある風景がこちら↓

どうですか?

まるで違う脳が働き出しませんか?

北欧的おしゃれで豊かな暮らしのススメ

こちらの作品は、『モノガタリノハジマリ』

 

私の勝手なイメージですが、北欧の人たちのおウチでの過ごし方ってすごくゆっくりしている感じがします。

北欧の人たちに限らず、スペインの人たちのシエスタの過ごし方や、フランスの人たちの長いランチタイムの過ごし方とかを見ていると、ゆったりと丁寧に暮らしているという印象を受けます。

 

一方、日本ではランチタイムが1時間まるまるある人は少数派だろうし、夜ご飯もバラバラに食べて済ますご家庭も多いと思います。

いろんなライフスタイルがあってもちろんOKだと思うのですが、暮らしに満足している人って日本でどのくらいいるのかな〜って思ってしまいます。

外国のライフスタイルの方が、私たちよりいい悪いということを言いたいわけではありません。

 

どちらが暮らしに満足して、豊かな人生を送っているかなっていう視点でみてみると、

私は北欧やヨーロッパの人たちの時間軸・空間軸を取り入れていきたいなって思っています。

ちょっと今までと違った時間、そして空間で過ごしてみたいと思ったら、まずはすぐに取りかかれる絵のある暮らし、オススメです。