すべては自分がワクワクするために

絵を描き出した頃は100%自分のために描いていた。

100%ワクワクで描いていた。

でもいつの間にか、何かのため、誰かのためになっていたような・・・

だからワクワクがなくなり、絞り出すように描く。

そりゃー苦しくなるわな(笑)

 

 

あるとき8歳のうちの息子くんが、「絵の具かしてー」って言ってきて、惜しげもなく絵の具をどわーって出して、なんの迷いもなく真っ白な紙にぶわーっで描き出した。

 

 

思わず心の中では「おいおい、そんなに絵の具だしちゃってもったいない・・・」なんてことを思ってしまう小さな自分(苦笑)

 

 

息子の勢いは紙の上だけではとどまらず、絵の具は床にもはみ出し、当然着ていたシャツにも絵の具が・・・

その時奥さんが、「じゃあそのシャツにも描いたらいいじゃん」

 

表側の絵です。

 

さすがうちの奥さん!!

そし息子くんはかわいい手描きTシャツまで作ってしまったのです。

 

後ろ側の絵です。

 

それを見ていた僕はもう笑うしかない(笑)

 

その時の息子くんを見て、もっと自分の中の枠を外そう、もっと遊ぼう、これからは自分のために、自分のワクワクのために描こう、そう思う父ちゃんなのでした。