青い目をした象

 

青い目をした象が見つめている。

これは僕の心の中にいる象・・・ふと、そう思った。

普段はアトリエで絵を描くのですが、気の向いた時に画材道具を車に積み込んで、自然の中で描くこともあります。

この象は、海を見ながら出来た作品。
穏やかな海を見ながら、切ったり、塗ったり、そして手を休めてボーッと海を眺めたり。
そんなことをしていたら、青い目をしたきれいな象が現れたのです。

原画は写真のように、その場の空気や時間を閉じ込めています。

そして、筆後からはそれをつくったものの息づかいまで伝わってくる。

二度とない一瞬がそこにある、それが原画の魅力だと思うのです。

旦那のプロフィール

暮らしの色のお店      https://kurashinoiro.theshop.jp

【ガラスラウンド】 白と緑の3つの宇宙