「みかんの皮を干す」息子くんの話

息子くんが保育園に通っていた時の話です。

 

その日奥さんは切り干し大根を作ろうと、大根の皮を干したり、漬け物用に柿の皮を干したりしていたのですが、そのようすをじっと見つめる息子くん。

 

夕食後にみかんを食べた息子くん、食べ終わると何やらそのみかんの皮をちぎりだし、おもちゃを入れていた缶に並べ始めました。

 

「何するの?」と聞くと息子くんはただ一言

 

「干す」・・・(苦笑)

 

その後、缶の上に皮をきれいに並べ終わるとそれを、ストーブの脇にそっともって行くのです。

 

何を作ろうとしているのか謎ですが、きれいに並べられたみかんの皮がとても可愛く、見えるのは、僕が親バカだからでしょうか(笑)

【こちらの記事も人気です】

あなたの足りないものは何ですか? 絵本「ぼくを探しに」

自分の中にある「落ちこぼれ」というやさしさ