我が家はずっこけているふたり

詩人の吉野弘さんの書かれた「祝婚歌」、知っている方も多いのではないでしょうか。

 

この詩は吉野さんが実の姪御さんの結婚式に出席できなかったため、書き送ったということです。

 

僕がこの詩を知ったのはまだ独身のころで、当時この詩を読んで、清々しい詩だなーって思いました。

 

そして結婚してからも時々思い出しては読んでみるのですが、そのたびに「ほんまやなーっ」てうなずいてしまうのです。

 

今日はその詩を紹介したいと思います。

 

「祝婚歌 」吉野弘

 

 

 

「祝婚歌」

 

二人が睦まじくいるためには

 

愚かでいるほうがいい

 

立派過ぎないほうがいい

 

 

立派過ぎることは

 

長持ちしないことだと

 

気づいているほうがいい

 

 

完璧をめざさないほうがいい

 

完璧なんて不自然なことだと

 

うそぶいているほうがいい

 

 

二人のうち どちらかが

 

ふざけているほうがいい

 

ずっこけているほうがいい

 

 

互いに非難することがあっても

 

非難できる資格が自分にあったかどうか

 

あとで疑わしくなるほうがいい

 

 

正しいことを言うときは

 

少しひかえめにするほうがいい

 

正しいことを言うときは

 

相手を傷つけやすいものだと

 

気づいているほうがいい

 

 

立派でありたいとか

 

正しくありたいとかいう

 

無理な緊張には色目を使わず

 

ゆったりゆたかに

 

光を浴びているほうがいい

 

 

健康で風に吹かれながら

 

生きていることのなつかしさに

 

ふと胸が熱くなる

 

そんな日があってもいい

 

 

そしてなぜ 胸が熱くなるのか

 

黙っていてもふたりには

 

わかるのであってほしい

 

 

ずっこけているふたり

 

どうでしたか?

 

僕はこの詩を読むと、なんだか胸の奥が温かくなって、すっと力が抜けていきます。

 

ここでちょっと質問です!

 

もしあなたが結婚されている方であれば、夫婦のどちらがずっこけていますか?

 

笑ってしまいますが、僕ら夫婦は二人とももずっこけています(笑)

 

僕がずっこけ、そして奥さんもずっこける、そしてお互い照れ笑いといった毎日に、また笑ってしまうのです。

 

そしてケンカをすると毎回

 

「お互い非難できる資格が自分にあったのかどうか、いつも疑わしくなり」

 

ものすごーーーーく気まずいのですが、最後はお互いあやまってケンカ終了になります。

 

こんな感じなので、今はまだ、黙っていてもわかるふたりというのにはほど遠いわが夫婦(笑)

 

でもこの先いつか、どうして胸が熱くなるのか、黙っていてもわかるふたりになっていれたらいいなと思うのです。

著作権について

「祝婚歌」の著作権については以下のようになっています。

 

あらためて、この詩を紹介できたこと、吉野氏に感謝いたします。

 

「吉野さんは『祝婚歌』を『民謡みたいなものだ』とおっしゃっているように聞いたんですけど、それはどういう意味ですか」と問うと、吉野は次のように答える。

 

「民謡というのは、作詞者とか、作曲者がわからなくとも、歌が面白ければ歌ってくれるわけです。

 

だから、私の作者の名前がなくとも、作品を喜んでくれるという意味で、私は知らない間に民謡を一つ書いちゃったなと、そういう感覚なんです」

 

「いいお話ですね。『祝婚歌』は結婚式場とか、いろんなところからパンフレットに使いたいとか、随分、言って来るでしょう。

 

ただ、版権や著作権がどうなっているのか、そういうときは何とお答えになるんですか」

 

「そのときに民謡の説を持ち出すわけです。 民謡というのは、著作権料がいりませんよ。

 

作者が不明ですからね。こうやって聞いてくださる方は、非常に良心的に聞いてくださるわけですね。

 

だから,そういう著作権料というのは心配はまったく要りませんから...」

 

どうぞ自由にお使いください。

 

そういうふうに答えることにしています。

 

『人生の達人たちに学ぶ~渡る世間の裏話』早坂茂三編・著(東洋経済新報社刊)より

【こちらの記事も人気です】

【つまみぐい】息子とアップルパイを焼いた日

夫婦っておもしろい

【神戸・塩屋】店主AKIRATSCHが作る美味しいピザの店「ピザ アキラッチ」

【兵庫・三田】エスコヤマの子供が楽しめる「未来製作所」潜入リポートby息子くん!