【兵庫・明石】天然酵母パン屋ベッカライ・アッフェルさんに行ってきました

天然酵母のパンが無性に好きな私、兵庫・明石市で気になる天然酵母のパン屋さんを見つけました。

天然酵母パンのベッカライ・アッフェルさんです。

お店構えも水色で可愛い〜

そして、ドアを開くと、なんと小さなお店。

でも、小さなお店の中にドイツパンの歴史を感じるようなアナザーワールドが広がっていました。

感動もののドイツパンの世界をさっそくご紹介していきますね。

【兵庫・明石】天然酵母パン屋のベッカライ・アッフェルさんに行ってきました!

 

お店の壁も、店内の壁も水色。

ライトアップされた木枠のショーケース。

存在感のあるパンたち。

可愛いだけじゃない雰囲気で、オシャレなメルヘンちっくという感じのアナザーワールド感がたまりません。

 

 

ドイツパン感がハンパない、ズッシリ重量級のフリュイさん。

 

 

心をくすぐる「くりナッツ」、「シナモンロール」。

メルヘンの世界へ誘ってくれるパンたちの存在感に、迷い出す私。

ですが、外には他のお客さんが待っているので、サクサクッとそれぞれ決めて、名残惜しいパンの世界を後にしました。

さっそくベッカライ・アッフェルさんのパンでランチタイム!

 

まるで、ボート!?って感じのドッグパン。

 

 

旦那さんチョイスです。

男の人でも大満足のボリューム。

 

 

「ザ・ドイツ」とも言えるこのドッグパン。

ドイツと言えば、ウィンナー。

巨大ウィンナーの下には、ドイツのお袋の味、ザワークラウトがたっぷりしかれています。

(注:ザワークラウトは、キャベツの漬け物で、酸っぱいです)

ザワークラウトの酸味と噛むほどに味のあるバケットがパンを主食とする人たちの生活を感じさせる逸品。

なんて、ドイツに心が飛んでしまうひとときでしたっ!

 

 

続いて、私の選んだのは、「オリーブチーズ」。

なんといっても、私の好きなモノばかりが、オンパレード。

オリーブの白黒両方+クリームチーズ+とろけるチーズ(チーズ名不明)がフォカッチャのようなパン生地の上にオン!

私の頭に中では、ピコ大郎が「オン!」と両手を合わせている瞬間が浮かび上がってきました(笑)。

 

 

パン生地よりも具の方が多いくらいの勢い。

この魅惑的な組み合わせで、おいしさマックスです!

オリーブの実がたっぷり乗っているので、かなりジューシーな味わいでした。

 

 

今回は旦那さんも甘系をチョイス。

「あんバター」です。

あんこが消えゆくような甘さで、やさしいパンの食感とお味と絶妙にマッチしていて、ほっこりするお味でした。

 

 

息子くんが選んだのはメロンパン。

 

 

外側がカリカリ、中の生地はかなりしっとり。

メロンパンの中の生地がこんなにおいしいって感じたのも珍しいくらい。

メロンパンが大好きなので、必ず選ぶ息子くんも大満足。

甘すぎず、素材の良さをキチンと感じる優しいお味でした。

 

 

そして、私が迷わず選んだのは、こちらのクロワッサン・オザマンド(アマンドとも言いますね)。

上に乗っているスライスアーモンドの量もハンパないのですが、手に持ったときの重さにビックリ!

普通じゃないでっす!

 

 

食べてみて、納得!

クロワッサンの上に乗っているアーモンドクリームとスライスされたアーモンドだけでも、かなりの重量感。

加えて、アーモンドクリームが、中にもたっぷり入ってる!

贅沢感ありすぎ〜

しかもボリュームに気を取られますが、ベッカライ・アッフェルさんのダマンドは中のアーモンドクリームが絶品です!

ラム酒の香りが口の中に広がり、かなり大人のお味〜

たっくさんバターを使っているだろうと予測されますが、そんなことを気にするよりも、幸福感にどっぷり浸れます。

バターや卵の質がいいからこそ、重量級のパンでも食べた後、心も体も軽やかでした。

私の中では、今まで食べてきた中で、No1.クロワッサン・ダマンドになりました!

それくらい美味しかった!!!

カフェオレと一緒にクロワッサン・ダマンドを食べることができる幸せに浸れました〜

ありがとう!ベッカライ・アッフェルさん!

 

 

お土産に買ってきたのがフリュイさん。

 

 

マカダミアンナッツ、くるみ、レーズン、イチジク、オレンジピール、ピーカンナッツ(?)など、すごい量の具が入っていて、こちらもかなり重量級のパン。

薄くスライスして、少しトースターで温めて頂きました。

美味しかったーーー!

パンチのある東ティモールの有機栽培コーヒーと一緒に頂き、かなり優雅なドイツの空気を味わいました。

パンたちを見て、食べてみて、ベッカライ・アッフェルさんの丁寧なパンへの向き合い方を感じずにはいられなかったです。

猫さん好きのオーナーさんと旦那さんが小さなお店で見せてくれるアナザーワールドへ、また行きたくなっています。



ベッカライ・アッフェルの店舗情報

営業時間

・11時〜14時30分
・15時30分〜18時30分

*売り切れ次第閉店。

 

定休日

月曜日、火曜日、水曜日

 

問い合わせ

TEL:078-915-8989

 

場所

住所:兵庫県明石市西新町2-4-15 ボヌール西新町 101

地図はこちら

 

最寄り駅から:山陽西新町駅から125m

車の場合:

駐車場(2台分)近くにあり→お店の前の案内板を見るか、直接問い合わせてください。

【こちらの記事も人気です】

【神戸・塩屋】店主AKIRATSCHが作る美味しいピザの店「ピザ アキラッチ」

【兵庫・三田】人気のスイーツ店「パティシエ エスコヤマ」に行ってきました!

【おぐらやま農場】子供にまるかじりさせたい減農薬・無肥料リンゴがある

【兵庫・小野】オシャレな納屋カフェ「天然滋味KAゑMON(カエモン)」に行ってきました