【オノマトペ】ちょっと不思議でおもしろい言葉

「ワクワク」や「イライラ」などのように感情や様子、そして情景などのさまざまな物事を「音」として伝える言葉のことを「オノマトペ」と言います。

ワクワクは水が「わく」様子が元とされていて、喜びなどの気持ちが高ぶる様子。

そしてイライラは草木のとげの「イラ」からきていて、不快や落ち着きがない状態をあらわす言葉。

みなさんも特に意識することなく、このような言葉を普段から使っているのではないでしょうか。

今回はそんなちょっと不思議でおもしろい「オノマトペ」についてのお話です。

【こちらの記事も人気です】

断捨離の意味とは?心豊かに生きるためには断って、捨て、離れることが大事

日本語の色は元々は4色しかなかった?という話

オノマトペとは

 

日本語の「オノマトペ」は、「擬音語」(擬声語)「擬態語」の総称とされています。

そしてこの「オノマトペ」(onomatopée)は フランス語の「擬音語・擬態語」という意味で、古代ギリシア語由来の単語です。

英語では(onomatopoeia)で、発音としては「オノマトピア」に近いです。

 

擬音語

自然界の音や物音を表したもの。

「ドカーン」「ザアザア」「ゴロゴロ」「バターン」等

 

人の声(動物の鳴き声)などを人間の音声で模倣したもの(擬声語)。

「ワンワン」「オギャー」「ゲラゲラ」等

 

 

擬態語

状態や心情(動作や態度)など、音のしないものを音によって表す言葉が「擬態語」です。

「ツンツン」「デレデレ」「ニヤニヤ」など

 

ちなみに、フランス語に擬態語は原則としてなく、英語はというと200~300くらいです。

世界中の言語にも、音が存在すればその音を表す言葉「オノマトペ」が存在します。

ですが、擬態語は、物事の状態や心の動きを表す言葉ということもあり、すべての言語に対応する言葉が存在するとは限らないのです。

日本語のオノマトペの特徴

 

そして日本語の「オノマトペ」の大きな特徴の一つが「擬態語」の語彙(ごい)が豊富に存在することです。

さらに日本語のオノマトペには、畳語(じょうご)が多数あります。

(※「畳語が多い」というのはオノマトペに限らず日本語の特徴の一つでもあります。)

 

畳語

「わくわく」「もぐもぐ」「ザラザラ」「さくさく」などの繰り返し言葉

 

そして

  • 「コロっと転がる」(軽い・短い)
  • 「ゴロゴロゴロと転がしていく」(重い・長い)

 

といったように、濁点や繰り返しのあるなしでモノの大きさや時間の長さなども表しています。

日本語にオノマトペが多い理由

 

日本語の「オノマトペ」は他言語の5倍もあるとも言われています。

ばぜ日本は「オノマトペ」が多いのか?

その理由のひとつとして考えられるのが、日本語は「音節」の数が他の言語に比べて極めて少ないということ。

日本語の音節は以下を合わせて112個。

 

日本語の音節

「50音」(アイウエオ)
「濁音(ガなど)
「半濁音(パなど)
「拗音」(ニャなど)

 

それに対して英語の音節は「3万」とも言われています。

なので、日本人はその「貧弱な」音節を補うために、漢字では書けない「ワクワ」「ハラハラ」といった、感情(オノマトペ)を数多くうみだし、バラエティ豊富なコミュニケーションにしてきたとされています。

動詞と形容詞が少ない日本語

 

その他には、日本語はアラビア語や英語に比べて動詞と形容詞の数が少ないということ。

アラビア語や英語などのような言語では、それぞれの鳥や動物には個別に動詞で鳴くがあります。

 

英語の場合

犬がなく → 「Bark」(吠える)

カラス → 「Caw」(カーカー鳴く)

ライオンは → 「Roar」(吠える)

カエル → 「Croak」(ケロケロ鳴く)

 

日本語では、動物や虫などが「なく」場合、みんな「鳴く」という表現しかないので、その代わりそれぞれの鳥や動物が「チュンチュン」や「ワンワン」などの擬音で鳴くと表現したとも考えられます。

漢字は「鳴く」「啼く」「哭く」と使い分けができるので、動詞が発展しなかったのかもしれません。

 

そしてに日本人は漢字と平仮名だけでなく、カタカナも器用に使いますよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ちょっと不思議でおもしろい「オノマトペ」についての話でした。

これがなかったら、僕たちは表現により多くの言葉が必要だったでしょうね。

そしてなんと、オノマトペは『古事記』にも登場していたということ、残念ながらその頃に使われていたオノマトペは、現代には残っていないということです。

オノマトペは、時代や環境の移り変わりとともに変化していく種類の言葉だということ、これからもコミュニケーションを豊かにしてくれるオノマトペがうまれてくるかもしれませんね。

【こちらの記事も人気です】

断捨離の意味とは?心豊かに生きるためには断って、捨て、離れることが大事

日本語の色は元々は4色しかなかった?という話

【神戸・塩屋】店主AKIRATSCHが作る美味しいピザの店「ピザ アキラッチ」

【兵庫・三田】こだわりのルヴァン種を使った天然酵母パン屋「キビトパン」さん