たったひとつの問いを基準に生きる

突然ですが、みなさんは、日々暮らす中で何を物事の判断基準にしていますか?

えっ、どういうことって思われたかもしれませんね^^

今日は以前読んだ本「人生最後の日にガッポーズして死ねるたったひとつの生き方」(ひすいこたろう)の中に、

「日本人は何を判断基準にして生きていたのか」

っていう事が書いてあり、それがなるほどって思ったので記事にしますね。

これを読んだら、あなたの物事の判断基準が変わる・・・かもしれませんよ。

それぞれのよさを楽しめる感性

その本にはこんなことが書いてありました。

ある男の人が神社で正式参拝したとき、その男の人は神主さんから、こんな質問をされたそうです。

神主さん

「日本の神道と、外国の宗教、どこが一番違うと思いますか?」

男の人

「違い?・・・」

神主さん

「神道は、教えがないんです。」

男の人

「教えがない?・・・」

神主さん

「それでは、神道には何がないと思いますか?」

男の人

「教えがないということは……」

神主さん

「善悪がないのです」

異教徒同士が「おまえは間違っている」といって言い争いになることがあります。

ですが、日本人はクリスマスに盛り上がり(キリスト教)、大晦日はお寺で除夜の鐘を楽しみ(仏教)、そしてお正月になれば神社に初詣に出かけたり(神道)。

これって、全部違う宗教で、さらに日本人は七福神も大好きですよね。

でもこれもヒンドゥー教や仏教、道教など、いろんな国の神様たちです。

これって普通なら戦争にもなるような価値観の違いなのですが、日本人はそれぞれの良さを楽しめる感性がある。

そしてそれは、「正しい」、「正しくない」の善悪で考えないからこそできるというのです。

神主さんは続けてこう言いました。

神主さん

「じゃあ、日本は、善悪のかわりに何があると思いますか?」

男の人

「さて?なんだろう……。」

神主さん

「美しいかどうかという判断基準です。」

男の人

「美しいかどうか・・・」

美しいかどうか

江戸時代は、それが「粋か野暮か」です。

ヨーロッパでは、鉱物資源の採掘やトンネルの掘削をおこなう際に火薬(発破)を使っていました。

その火薬を日本に伝えたのがパンペリーなのですが、彼は日本人のことを不思議に思っていたそうです。

それは日本人が高い技術力を持ち、そして火薬の使い方を知りながらも、石の採掘には応用しなかったからです。

日本人は火薬を自然を征服するためには使わなかった。

それはなぜか?

「自然を爆破させるなんて美しくないからです。」

じゃあその火薬を何に使ったのって思いますよね。

それはみなさんが知っているあれです。

そう、みんなが楽しめる花火に使ったんです。

これが本来の日本人の感性なんです。

たったひとつの問い

日本人はなんでも道にしてきました。

お茶を茶道にし、剣を剣道、弓は弓道、華は華道というように。

そしてその道というのは美しさの追求であり、損得や勝つか負けるかを競うものでもない。

美しいかどうか、そしてそれを突き詰めると、それはみんなで笑い合えるかどうかということ。

そして最後にこう書いてありました。

あなたは人生最後の日に、どんな思いを持って還りたいですか?

このたったひとつの問いを基準に生きれば、人は本来、美しく生きられるのです。

これからは迷ったり悩んだ時は、このたったひとつの問いを自分にしてみようって思うのです。

【こちらの記事も人気です】

我が家はずっこけているふたり

大切なことを思い出させてくれる人

【小さいことは気にしない】我が家の伊達巻作り

【兵庫・神戸】須磨の天然酵母パン屋さん味取(ミドリ)の情報をお届け!

自分の中にある「落ちこぼれ」というやさしさ