【2021年】節分|今年の恵方巻きの方角は?由来や食べ方も紹介!

最近は節分といえば豆まきだけでなく、恵方巻も恒例になってきていますよね。

 

恵方巻きはもともと大阪地方を中心とした風習です。

 

大阪出身の僕は子どもの頃から節分には必ず恵方巻きを食べていたということもあり、、全国で恵方巻きが注目され出してきた時は、

 

これって当たり前じゃなかったんだってちょっと不思議でした。

 

そんな恵方巻きなのですが、みなさんはなぜ、節分に黙って恵方巻きを丸かじりするのか知っていますか?

 

そしてもうひとつ、節分は「2月3日」と認識している人が多いと思うのですが、実は節分の日付って固定ではないんです。

 

ということで、今回は今年(2021年)の節分はいつなの?なぜ節分に恵方巻きを食べるのか?その由来や意味、そして食べ方なども紹介します。

【こちらの記事も人気です】

断捨離の意味とは?心豊かに生きるためには断って、捨て、離れることが大事

日本語の色は元々は4色しかなかった?という話

今年の節分はいつ?

 

節分は、立春、立夏、立秋、立冬と言われる季節の変わり目の前日こと。

 

 

昔、立春は新しい一年の始まりの象徴でした。

 

なので立春は他の節分よりも重要とされ、節分と言えば立春の前日を指すようになったということです。

 

 

その立春なのですが、今年は暦のずれで例年よりも1日はやくなり2月3日(水曜)になるのだそうです。

 

ということで、今年2021年の節分はその前日の2月2日(火曜日)になります。

 

そして36年間「節分=2月3日」が続いていたので、実に37年ぶりの変動ということなんです。

 

ちなみに2022年〜2024年までは2月3日で、2025年、2029年、2033年は2月2日だそうですよ。

 

今後100年ぐらいは、2月2日か3日のどちらかになるそうです。

 

(※国立天文台「暦要項」の発表により、日付が変わる可能性もあります。)

 

立春の日は「二十四節気」という中国から伝わった季節を24分割した考えが元ということです。

 

立春の基準は太陽黄経(太陽が見かけ上の天球を通る経路)315度になる日時で、国立天文台が地球と太陽の位置を調べて決定しています。

 

節分にはなぜ豆まきをするの?

ここで節分になぜ豆まきをするのかについても少しお話しますね。

 

鬼を払う行事は「おにやらい」(追儺)という宮廷の行事が発祥とされています。

 

これは身分の高い殿上人(てんじょうびと)よばれる貴族が、鬼に扮した家来を桃の弓、葦の矢を持っておいかけるというもの。

 

昔は病気や災害などの悪いこと(邪気)は年や季節の変わり目に起こると考えられていました。

 

そして邪気の象徴とされていたのが鬼で、その対策として大豆をまいて鬼を払い、無病息災を願ったのが始まりだそうです。

 

大豆は年の変わり目に霊力が宿るとされていたそうですよ。

 

その「おのやらい」ですが、宮中では徐々に廃れていき、行われなくなったということです。

 

しかし、各地の寺社が形を変えながら受け継いで、庶民にも浸透していったということです。

恵方とは?

 

恵方とはその年の「吉方」つまり縁起の良い方角のことです。

 

その起源は「江戸時代末期」ではないかということで、古くには門松に使う松を恵方にある山から切ってきて「吉」を呼び込む方向として利用されていたということです。

 

 

恵方は、陰陽道においてその年の福徳を司る歳徳神(としとくじん)または年神様(としがみさま)ともよばれる神様のいる方角で、その歳徳神のいる場所は毎年変わるのだそうです。

 

 

陰陽道(おんみょうどう)とは、古代中国の宇宙観や世界観を起源とし、それを日本独自に発展した占い体系のひとつ。

 

また恵方は「明きの方」(あきのかた)ともよばれ、その方向に向かって事を行えば「万事に吉」とされています。

 

例えばこんなこととか、

 

  • お宮参り、ご祈願、ご祈祷は恵方にある神社で行う。
  • 仕事の交渉は恵方にある場所でする。
  • 引越しなどがある場合は、恵方の物件を探す。
  • 結婚式は、恵方の式場を選ぶ。
  • 宝くじは恵方の売り場を探して買う。

 

ぜひ試してみてくださいね。

恵方は4つしかない?

恵方は毎年変わり、その年の「十干(じっかん)」によって決まります。

 

十干は、十二支と違ってあまり馴染みがないですよね。

 

十干は十二支と組み合わせて暦、時刻、方角などを表すものとして中国で誕生して、日本に伝わってきました。

 

その「十干」とは、

 

  • 世の中のものはすべて「木・火・土・金・水」からなるという五行説
  • すべては「陰」と「陽」の2つに分けられるとする陰陽道

 

この2つが結びついた陰陽五行説と、そしてその五行すべてを陰と陽に分かれたものそれぞれに、

 

甲 (きのえ) 乙 (きのと) 丙 (ひのえ) 丁 (ひのと) 戊 (つちのえ)
己 (つちのと) 庚 (かのえ) 辛 (かのと) 壬 (みずのえ) 癸 (みずのと)

 

を割り振ったものをいいます。

 

 

そして恵方の方角というのは以下の4方向しかないのです。

 

恵方の方角
  • 甲・己の年は東北東やや右(ほぼ東でわずかに北寄り)
  • 乙・庚の年は西南西やや右(ほぼ西でわずかに南寄り)
  • 丙・辛・戊・癸の年は南南東やや右(ほぼ南でわずかに東寄り)
  • 丁・壬の年は北北西やや右(ほぼ北でわずかに西寄り)

 

恵方巻きの方角は4つしかなかったなんて意外と思いませんでしたか。

2021年!恵方の方角は?

それでは今年2021年の節分の恵方の方角ですが、今年は「南南東やや南」です。

 

やや南って? ちょっと曖昧なんですね^^

 

ちなみに2021年から2026年までの恵方はこうなっています。

 

  • 2021年…2月3日(水)南南東やや南
  • 2022年…2月3日(木)北北西やや北
  • 2023年…2月3日(金)南南東やや南
  • 2024年…2月3日(土)東北東やや東
  • 2025年…2月2日(日)西南西やや西
  • 2026年…2月3日(火)南南東やや南

 

恵方巻きの食べ方

 

恵方巻きには副を巻き込むように、または鬼の金棒に見立てて鬼退治をするという意味や、節分の豆まきの「まき」にかけているなどいろいろな説があります。

 

その恵方巻きにはいくつかのルールがあるのですが、知っていますか?

 

知っているという方もいると思いますが、ここであらためて一般的な恵方巻きのルールをお伝えしますね。

 

恵方巻きの具材は?

恵方巻きに使う具材は、七福神にちなんで7種の具の入った太巻きが縁起がいいとされています。

 

でも、具材は明確に決められてはいないということですよ。

 

一本丸かじり

恵方巻きは一本まるごと食べることで幸福や商売繁盛の運をいただくということです。

食べやすさでいえば切って食べたいところですよね。

 

でも福を「巻き込む」巻き寿司は、福が途切れないように、または縁を切らないという意味で、切ってはいけないのだそうですよ。

 

恵方を向いて黙って食べる

そして最後が恵方を向いて願い事をしながら黙って食べるということです。

 

これは恵方巻きを食べ終える前に言葉を発してしまうと、運が逃げていくといわれているからです。

 

目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあるようですよ。

 

また地方によってはこの恵方巻きもいろいろな呼び名があり、「丸かぶり寿司」「幸福巻」招福巻」「開運巻き寿司」など、お店や地域によっては別の呼び方もされているそうです。

恵方巻きの由来や起源は

 

次に恵方巻きの由来や起源についてです。

 

節分の恵方巻きは大阪発祥の風習です。

 

発祥は諸説あり、

 

「大坂・船場で商売繁盛の祈願した」

「恵方巻きを鬼の金棒と見立てて厄除けの意味で食べていた風習」

「豊臣秀吉の家臣が節分の日に海苔巻きを食べて次の日に勝利した」

 

などとも言われています。

 

大正初期頃の大阪で節分に芸遊びをしながら商売繁盛をお祈りをする際に「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれていた寿司を食べていたともいわれています。

恵方巻きが普及した経緯は?

それでは大阪発祥の恵方巻が、なぜ全国的に広がったのでしょうか?

 

それは、1983年に大阪と兵庫県の『ファミリーマート』が先駆けとなり恵方巻の販売を開始したことから始まります。

 

その後、1989年には『セブンイレブン』が広島で「恵方巻き」と名前をつけ、販売。

 

翌年から地域を拡大していき、 1998年に全国まで普及したということです。

恵方巻だけじゃない!節分に食べたい縁起物

 

節分には恵方巻き以外にも縁起の良い食べ物があるんですよ。

 

豆まきで魔(ま)を滅(め)するよう豆をまいたら、年の数だけ豆を食べて無病息災などを願います。

 

イワシ

鬼はイワシのニオイが嫌いとされています。

 

なので焼いたイワシの頭を柊に刺して飾ることで鬼を追い払う風習があり、イワシの焼き魚やイワシの甘露煮など。

 

そば

節分にそばを食べることで、無病息災や金運アップを願うのだそう、ざるそばやかけそばなど。

 

こんにゃく

こんにゃくを食べることで、体内を浄化するといわれています。

 

くじら

山陰地方では、邪気を払ったり大きな幸せを願うため、くじらを食べるそうですよ。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は【2021年】節分|今年の恵方巻きの方角は?由来や食べ方も紹介してきました。

 

節分の日付って固定ではなかったんですね。

今年の節分は2月2日です。

 

その他にも恵方に方角は4つしかなかったり、食べるときのルールなど、調べてみるとおもしろいですね。

 

今年の節分も恵方巻きを食べ、ぜひ福を招いてくださいね。

【こちらの記事も人気です】

断捨離の意味とは?心豊かに生きるためには断って、捨て、離れることが大事

日本語の色は元々は4色しかなかった?という話

腸内環境を整えて自然治癒力を高める

【兵庫・三田】こだわりのルヴァン種を使った天然酵母パン屋「キビトパン」さん