【暮らしの中の伝統色 ②】虹色(にじいろ)

暮らしの中には本当にたくさんの色があり、そしてそのひとつひとつに名前がありますよね、その中でも、日本の伝統色の名前は本当に素敵だなと思うのです。

 

僕がなぜそう思うのか?それはそこに風景が見えるからなのかもしれません。

 

その時、どんな気持ちで色を言葉にしたのだろうかとつい思い描いてしまうのです。

 

暮らしの中の伝統色、2回目は虹色になります。

 

みなさんは虹色って聞くとどんな色を思い浮かべますか?

 

多くの方が空に掛かる虹の色(七色)を想像するのではないでしょうか?

 

でも日本の伝統色の虹色は少し黄色味を帯びた、薄い紅色なんです。

 

ちょっと意外ですよね。

 

この虹色の由来は、薄い紅色は光の反射によって青みや紫みが強く見えるなど、さまざまな色に移ろって見えたためということらしいのです。

 

ちなみに、他に虹色で馴染みがあるものといえば、真珠や貝殻などがあると思うのですが、これらも淡い紅色が、光の反射によって青や淡い紫を帯びて色が変化して見えることがあります。

 

色の移ろいを虹色と捉える心がなんとも素敵ですよね。

 

その時、移ろいを見て、何を感じ、心を動かされ、色を言葉にしたんだろう、ふとそんなこと思い浮かべてしまうのです。

 

 

【こちらの記事も人気です】

日本語の色は元々は4色しかなかった?という話

自分の中にある「落ちこぼれ」というやさしさ 

【我が家の定番】大人気・漬物「からし大根漬け」のレシピ!クセになるよ

【玄米】おいしくて家族が嫌がることなし!子供と楽しみながら炊くコツ

【兵庫・神戸】須磨の天然酵母パン屋さん味取(ミドリ)の情報をお届け!