自分の中にある「落ちこぼれ」というやさしさ 

 

「落ちこぼれ」 

あなたはこの言葉をどんなふうに捉えていますか?

詩人の茨木のり子さんは自身の詩「落ちこぼれ」の中で

 

落ちこぼれ 和菓子の名につけたいようなやさしさと言っています。

 

「おちこぼれ」をやさしさととらえる、その感性が素敵だなと思うのです。

そして「落ちこぼれ」を収録した詩集を発表する際、茨木さんはこう言っていたということです。

 

「わたしも落ちこぼれでした。

ときには脱落や道草のなかに人生の深い味わいがあると思います。」

 

脱落や道草があったからこそのやさしさ・・・

 

先日記事に書いた絵本「ぼくを探しに」の主人公もそうだったのかも。

 

自分の落ちこぼれた(欠けている)ところ、そこを隠すでもなく、

無理に埋めることもせずに、「落ちこぼれ」という自分の中のやさしさを味わう。

 

「落ちこぼれ」の詩は最後にこうあります。

 

落ちこぼれ 結果ではなく

落ちこぼれ 華々しい意志であれ

 

僕の中の落ちこぼれ、それが自分であるということ。

 

【こちらの記事も人気です】

日本語の色は元々は4色しかなかった?という話

あなたの足りないものは何ですか? 絵本「ぼくを探しに」

【兵庫・姫路】老舗和菓子屋さん「伊勢屋本店」の玉椿を買いに行ってきました

【つまみぐい】息子とアップルパイを焼いた日

【兵庫・姫路】天然酵母パン屋ベーカリー燈 (ランプ)で人気のハンバーガーを紹介