あなたの足りないものは何ですか? 絵本「ぼくを探しに」

 

「あなたの足りないものはなんですか?」

 

“For those who didn’t fit And those who did. “
だめな人とだめでない人のために。

 

 

ずいぶん前に友人がプレゼントしてくれたこの絵本、それがシルヴァスタインの絵本「ぼくを探しに」でした。

シンプルな絵と言葉なのですが、とても大切なことに気付かせてくれる絵本なのです。

 

僕(この物語の主人公)には何かが足りない、だから楽しくないんだと自分の欠けている部分を埋めるピースを探しに行くというお話です。

 

「僕は欠けているのでうまく転がることができない」

 

だけど歌いながら行く、花のにおいをかぎ、みみずと話をしたり、時にはかんかん照り、そして吹雪の日もあります。

 

「山を登り、そして下る、追い越されたり、追い越したり」

 

そんな旅の途中には、いろんなかけらとも出会うのですが、大きすぎたり、小さすぎるもの、自分にはまるピースだと思っても、途中で落としてしまったり、逆にきつくくわえすぎて、壊してしまうのです。

 

「かけらはなかなか見つかりません・・・・」

 

でもある日、とうとう自分にピッタリのかけらを見つけたのですが・・・・

 

そのかけらをそっとおろし、僕はまたかけらを探して転がっていく。

 

足りないものって本当は何?

本当にその、「もの」 がほしいの?

足りないと思う、その思いを埋める「もの」ってなんだろう?

 

「ぼくを探しに」この絵本にあなたが足りないと思っているその「もの」のヒントがあるかもしれませんよ。

 

絵本「ぼくを探しに(The Missing Piece ) 

シルヴァスタイン作・倉橋由美子訳

 

【関連記事】

たったひとつの問いを基準に生きる

自分の中にある「落ちこぼれ」というやさしさ 

【兵庫・姫路】子連れランチにおすすめ!石窯パン工房マナレイアに行ってきました!

【兵庫・姫路】天然酵母パン屋ベーカリー燈 (ランプ)で人気のハンバーガーを紹介